読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんべえ女子のぼっち酒

だいたい、ぼっち。たまに、誰かと。ビールが好きだけど、時には他のも。

新潟酒の陣2017へ行ってきた②

さて、新潟酒の陣について簡単に説明しておこう。

 

入場は無料だが、中に入っただけでは試飲はできない。

前売りで二千円のチケットをリストバンドとお猪口に引き換える必要がある。

後はそれぞれの酒蔵ブースでリストバンドを見せ、お猪口を差し出せば半分ほどお酒を注いでもらえるのだ。

 

だが、たかが試飲と侮ってはいけない。

今回の祭りではブースは八十以上、試飲の為に純米大吟醸など普段はなかなか手が届かないようなものもふんだんに開けられており、お代わりは無制限なのである。

ビバ日本酒天国。

 

とは言え、入場者数が7万人を超えるイベントだ。

通路はラッシュ時の駅のホーム並になる。

立ち飲みだけでは二時間ともつまい。

 

だからこそ、皆、テーブル席をゲットする為に必死なのだ。

 

無料で配布されたガイドブックを眺めつつ時間をつぶし、開場時間となった。

チケットの引き換えが終わった順に、会場内を通り抜けて外のテーブル席を目指す。

我々がたどり着いた時には、既に9割がた席は埋まっていた。

 

いやいや、そんな、二時間以上も並んだ挙句に立ち飲みって、そりゃ無いぜ。

気ばかり焦る中、しかし、なんとか隅っこにギリギリ人数分の席を見つけることができた。

 

さぁ、祭りを楽しもう。

 

無料で配布されたガイドブックで行きたいブースの目星はつけていたが、場内がまだすいていたので、ふらふらと手当たり次第にお猪口を差し出してみる。

みりんで仕込んだ梅酒をいただいてみたり、純米と純米吟醸を飲み比べてみたり。

 

ブースを15ほど回ってみると、お猪口半分ずつとは言ってもふわふわしてきた。

小腹もすいてきたので、酒のボトルとつまみを買ってテーブル席へ戻る。

 

f:id:kazara-murmur:20170316162817j:image

 

熱々の煮込みをつつきながら、冷やでちびちびと。

 

ちなみにこの純米酒、化粧水代わりにもなるとかで、ブースで手に塗らされた。

酒臭さは一切無し。

呑んでもうまい。

万能か。

 

座り飲みに飽きたら、また試飲の旅へ。

昼過ぎからは人が溢れて、ブースの前まで行き着けず、人と人の間にお猪口を持った手だけ突っ込み酒を注いでもらうような状態だ。

 

疲れたら、またテーブル席へ。

そうやって行ったり来たりで十五時まで飲み続けた。

 

中には自分の好みに合わないものもあったが、いただいたお酒は概ね美味しいものばかりだった。

メモを取っていなかったので、どれがどう美味しかったか、最早定かではないのが残念。

 

帰り道、満足のため息を何度もついた楽しい祭りであった。

 

しかし、同行者に、来年も参加するか訊かれたが即答はできなかった。

開場前の行列がなぁ…。

あれ、そのうち徹夜組とか出るんじゃなかろうか。

 

ゆっくりと考えよう。